スケボーで「錦帯橋」に傷つけた少年、家裁送致…賠償金4万178円を市に納める 2021-04-01


図 この記事のタイプ傾向 (「発表」「書類送検」「容疑」)

 1月に山口県岩国市の国名勝「錦帯橋」でスケートボードに乗って橋板の4か所に傷をつけたとして、山口地検岩国支部は31日、岩国署が文化財保護法違反容疑で書類送検していた広島県の少年を、同法違反の非行事実で山口家裁岩国支部へ送致した。
 また、市は31日、少年が損害賠償金4万178円を市に納めたと発表した。
4か所は傷が浅く、復旧工事は行わなかった。
調査した人件費などを請求し、少年が応じたという。
(https://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20210401-567-OYT1T50140.htmlより引用)

関連記事