床嶋佳子 医師男性と結婚…プールサイドで一目惚れ 55歳初婚 2020-09-13


図 この記事のタイプ傾向 (「不安」「発表」)

(https://news.goo.ne.jp/article/dailysports/entertainment/20200913069.htmlより引用)
 女優・床嶋佳子(55)が医師男性と結婚したことを13日、発表した。
 所属事務所が報道各社宛の書面で公表。
今年1月に共通の知人から紹介され、知り合った。
その日にジムのプールサイドで知人と一緒にいる男性をみて「あ、この人だ」と直感し、一目惚れ。
ロマンスグレーでがっちりした体型で、外見に誠実さがにじみでていて、紳士的なところにひかれたという。
 すぐに交際がスタートし、結婚を意識したが、結婚への不安もあり、自分の気持ちを文章にして何度もメールで男性に送ったこともあったという。
9月に入り、婚姻届を提出した。
 床嶋は初婚、相手男性は再婚。
今後も女優業を継続する。
 2001年に舞台の地方公演時に床嶋が、珍しく体調を崩して耳鼻科に行った際に、診察した医師が男性の兄であったことも、最近になって分かったという。
 床嶋は91年にフジテレビ「ヴァンサンカン・結婚」で本格的に女優デビュー。
以降、ドラマ、舞台などで幅広く活動。
主な出演作にテレビ朝日「警視庁・捜査一課長」、舞台「もとの黙阿弥」など。
(https://news.goo.ne.jp/article/dailysports/entertainment/20200913069.htmlより引用)

関連記事