聖火リレー、ルート変更の可能性も 感染拡大で…五輪相 2021-03-30


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」「厳しい」「申し訳ない」)

(https://news.goo.ne.jp/article/asahi/politics/ASP3Z3QRVP3ZULFA00C.htmlより引用)
 丸川珠代五輪相は30日の閣議後の記者会見で、新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言を出す前の措置である「まん延防止等重点措置」が適用された地域での聖火リレーについて、「管理できるルートだけ走ってもらうことにするか、ということにもなるかと思う」と述べた。
状況に応じてルート変更の可能性があるとの認識を示した。
 重点措置はこれまで適用例はないが、大阪府の吉村洋文知事が政府に適用要請する考えを示しており、政府も対応を検討している。
 感染が拡大しつつある地域での聖火リレーをめぐり、丸川氏は「都市部がこれから大きな課題になってくる」と指摘。
重点措置が適用された地域が出てきた場合については「観覧されるみなさまにとって(制約が)厳しいことになるかもしれないが、できるという判断をするか。
申し訳ないけど、管理できるルートだけ走ってもらうか」と述べた。
 丸川氏は「ギリギリまで各都道府県の実行委員会、(大会)組織委員会とともにご判断を頂くことになると思う」とも語った。
(https://news.goo.ne.jp/article/asahi/politics/ASP3Z3QRVP3ZULFA00C.htmlより引用)

関連記事