名阪国道で急ブレーキを踏むなどトラックであおり運転…建設業の男を逮捕 2021-04-01


図 この記事のタイプ傾向 (「事故」「容疑者」「疑い」「容疑」)

(https://news.goo.ne.jp/article/hicbc/region/hicbc-00050B4C.htmlより引用)
 三重県亀山市の名阪国道で、急ブレーキを踏むなど追い越した車に対してトラックで「あおり運転」をした疑いで、25歳の男が逮捕されました。
 逮捕されたのは、三重県津市の建設業・湯浅勇次容疑者(25)です。
 警察によりますと、湯浅容疑者は去年11月12日、亀山市の名阪国道でトラックを運転中、隣の車線を走っていた普通乗用車を左側から追い越した上で、目の前で急ブレーキをかけて停車させるなどの「あおり運転」を行った疑いが持たれています。
 被害にあった乗用車は、その後、あおり運転が原因で別の乗用車とぶつかる事故を起こしました。
 警察は、ドライブレコーダーの映像や目撃者の証言などから湯浅容疑者を逮捕しました。
 取り調べに対し湯浅容疑者は、あおり運転をしたことは認めていますが、事故については知らないと話しているということです。
(https://news.goo.ne.jp/article/hicbc/region/hicbc-00050B4C.htmlより引用)

関連記事