ザブングル・松尾陽介 あらためて芸能界引退を報告 「悔しいです!!」の加藤はピン芸人に 2021-03-30


図 この記事のタイプ傾向 (「ありがと」「ありがとう」「感謝」「笑い」「発表」)

(https://news.goo.ne.jp/article/tokyosports/entertainment/tokyosports-2965023.htmlより引用)
 お笑いコンビ「ザブングル」の松尾陽介(44)が30日、ツイッターで芸能界からの引退を報告した。
 ザブングルは14年にカラテカ・入江慎也に誘われ、所属事務所への報告なしの「闇営業」で反社会勢力団体主催の忘年会に参加した。
この問題で所属事務所からは19年6月24日より謹慎処分が下されたが、謹慎期間中はボランティア活動を行い、19年9月1日から活動を再開していた。
今年に入り、2月1日に所属事務所から3月31日をもってのコンビ解散と松尾の引退が発表された。
 松尾は「報道等でご存知の方もいらっしゃると思いますが 改めて、2021年3月31日をもちまして 芸人を辞めさせて頂くこととなりました。
今まで応援して頂いた皆さま、本当にありがとうございました!」とあいさつ。
 続けて「最後の番組は、感謝しかありません!「アメトーーク」です。
是非、見届けて下さい!」とツイートし、4月1日にテレビ朝日系列で放送されるバラエティー番組へのラスト出演を告知した。
 松尾は今後、企画・制作などの裏方の仕事を希望しており、相方の加藤歩(46)はピン芸人として活動していく。
(https://news.goo.ne.jp/article/tokyosports/entertainment/tokyosports-2965023.htmlより引用)

関連記事