イラク基地にロケット弾 米軍関係者が勤務 2021-04-05


図 この記事のタイプ傾向 ()

 【カイロ=佐藤貴生】イラクの首都バグダッド北方のバラド空軍基地の近くに4日、ロケット弾2発が撃ち込まれた。
ロイター通信が伝えた。
基地には駐留米軍の請負業者も勤務しているが、負傷者はいないもよう。
イラクの治安当局者はロケット弾は基地を狙って発射されたが距離が足りなかったとの見方を示した。
犯行声明は出ていないが、イラクではイランと連携するイスラム教シーア派の民兵組織によるとみられる駐留米軍施設などへの攻撃が相次いでいる。
(https://news.goo.ne.jp/article/sankei/world/meast/sankei-wor2104050002.htmlより引用)

関連記事