ルネサスが愛媛の工場で半導体、代替生産 2021-04-06


図 この記事のタイプ傾向 ()

(https://news.goo.ne.jp/article/sankei/business/industry/sankei-ecn2104060015.htmlより引用)
 半導体大手のルネサスエレクトロニクスが、那珂工場(茨城県ひたちなか市)の火災で生産停止している自動車向け半導体などについて、西条工場(愛媛県西条市)で代替生産する方針を固めたことが6日、分かった。
自社工場の生産能力を活用し、供給減を最小限に抑える。
 ただ、半導体は生産開始までの準備に一定の時間がかかる。
このため、代替品の出荷が始まるのは数カ月先になりそうだ。
 那珂工場では、3月19日に先端品を手掛ける「N3棟」で火災が発生、半導体生産が停止した。
同社は1カ月以内の生産再開を目指しているが、出荷量が火災前の水準に戻るまでには3〜4カ月かかる見通しだ。
 同社は外部メーカーへの生産委託も検討中。
N3棟が手掛ける製品のうち、3分の2は代替生産や生産委託が可能とみている。
 ルネサスは、自動車の走行制御などに使うマイコンの世界最大手。
(https://news.goo.ne.jp/article/sankei/business/industry/sankei-ecn2104060015.htmlより引用)

関連記事