NZ代表SOボーデン・バレット「予測できないプレーを見せたい」サントリー加入会見 2021-01-06


図 この記事のタイプ傾向 (「意外」「キャッ」「楽しみ」「喜び」「発表」)

(https://news.goo.ne.jp/article/dailysports/sports/20210106066.htmlより引用)
 ラグビー・トップリーグ(TL)のサントリーに加入したニュージーランド代表SOボーデン・バレット(29)が6日、都内で加入会見を行った。
 「まず日本に来られて非常にうれしい。
家族も含めて快適に過ごせている。
TL開幕を非常に楽しみにしているサンゴリアスの一員になれてうれしい。
サンゴリアラグビーが自分に合っている」と喜びを語った。
 チーム練習にはすでに合流しており、先月26日には東芝との練習試合に出場している。
「練習試合に出てスキルレベルの高さに驚いている。
自分もまだ成長できる」と感想を述べた。
その上で「予測できないようなプレーをファンの皆さんに見せたい」と予告した。
 B・バレットは2016年、17年と2年連続で世界年間最優秀選手に輝いた実績を持つ。
15年のW杯イングランド大会では神戸製鋼にも所属していたSOダン・カーターの後を継いで出場。
SO意外にもFBをこなし、高い技術とスピードを兼ね備えている。
オールブラックスでは88キャップを持ち、FWスコット(27)、バックスのジョーディー(23)とともに3兄弟で出場した19年のW杯日本大会では3位だった。
 ニュージーランド協会の発表によるとサントリーには1シーズンだけ所属し、ブルーズ(ニュージーランド)に復帰する予定。
「目の前の目標はTL優勝と、23年のW杯に出場すること。
(今回は)1シーズンだけかもしれないが、将来的に日本に戻ってプレーをしたい」と約束した。
 TLは16、17日に開幕戦が行われ、サントリーは16日にトヨタ自動車と豊田スタジアムで対戦する。
 ◆ボーデン・バレット 1991年5月27日、ニュージーランド生まれ。
29歳。
8人兄妹の次男。
11年にハリケーンズでスーパーラグビー(SR)デビュー。
12年にニュージーランド代表初キャップ。
15年W杯では6試合に出場した。
16年にはスパーラグビー得点王。
16、17年には世界最優秀選手賞を受賞。
19年W杯にも出場し、3位。
20年にブルーズに加入。
ポジションはSO、FB。
代表キャップ88。
186センチ、92キロ。
(https://news.goo.ne.jp/article/dailysports/sports/20210106066.htmlより引用)

関連記事