杉原杏璃、離婚していた 音楽出版会社の代表取締役40代男性と 生活すれ違い昨年末ごろ 2021-04-03


図 この記事のタイプ傾向 (「好き」「大切」「大好き」「良好」)

 元グラビアアイドルでタレントの杉原杏璃(38)が、18年に結婚した音楽出版会社の代表取締役の40代男性と離婚していたことが2日、分かった。
 杉原の所属事務所はスポニチ本紙の取材に「離婚したのは事実です」と認めた。
関係者によると、離婚は昨年末ごろ。
杉原の周囲は「結婚後に生活のすれ違いがあり、別れを選んだようです」と明かした。
結婚するまで10年以上、友人だったこともあり、関係者は「2人の間柄は現在も良好で、また友人に戻ったと聞いています」と話している。
 2人は1年ほどの交際を経て、18年6月に結婚。
当時の会見で杉原は「主人は10年間大好きだよと言い続けてくれた。
大切にしなきゃいけないと思った」と結婚へ踏み切った理由を明かしていた。
男性は日頃から杉原の母親を気にかけてケアしており、杉原は「自分を犠牲にしてまで私のことを一番に思ってくれる」と話していた。
 杉原は17年にグラビアアイドルとしての活動を終了。
現在は財テク術を伝える“株ドル”として活動している。
23歳から続けてきた株式投資の経験を生かし、19年に著書「株は夢をかなえる道具 女子のための株式投資入門」を発売した。
 今後も株ドルとして活動していく予定。
現在はコロナ禍でセーブしているが、講演の依頼も多く舞い込んでいるという。
昨年11月には公式YouTubeチャンネルを開設。
“投資系ユーチューバー”としての活躍も見られそうだ。
(https://news.goo.ne.jp/article/sponichi/entertainment/sponichi-spngoo-20210403-0104.htmlより引用)

関連記事