森保JカタールW杯への懸案事項は…両サイドバックの深刻な人材不足 2021-01-11


図 この記事のタイプ傾向 (「最悪」)

(https://news.goo.ne.jp/article/nikkangendai/sports/nikkangendai-697728.htmlより引用)
 2022年の11月21日に開幕するカタールW杯(12月18日閉幕)。
 森保一監督(52)率いる日本代表は3月、新型コロナ禍で延期されていたW杯アジア地区2次予選を戦う。
 まずは25日にミャンマー(横浜)、同30日にモンゴル(アウェー)と対戦。
6月7日にはタジキスタン、同15日にキルギスと戦う(いずれも大阪)。
同月にはキリンチャレンジカップ2試合が予定され、いよいよ森保ジャパンが、本格始動する。
 17年10月、東京五輪の代表監督に就任した森保監督は18年7月、A代表の監督に就任してトルシエ元監督以来の兼任監督に収まったが、A代表が抱えていた<2つの懸案事項>は、森保体制後も改善されていない。
 日本代表のサイドバックといえば<左の長友佑都=34>に<右の酒井宏樹=30>が、長らくレギュラーを務めてきた。
現在フランス1部マルセイユのチームメート同士だが、年齢的な衰えもあって攻守に精彩を欠くことが増え、20年12月末の国内リーグ戦では先発した2人がミスを連発。
酒井は前半の45分で、長友は後半29分でベンチに強制送還され、地元メディアから「難破した日本人の両翼が20年を最悪のプレーで締めくくった」と酷評された。
元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がこう言う。
「20年10、11月の欧州遠征計4試合で森保監督は両サイドバックのバックアッパーとしてドイツの室屋成(26)とポルトガルの安西幸輝(25)のリオ五輪代表世代、初代表となったオランダの菅原由勢(20)を招集。
試合ではボランチが主戦場の中山雄太(23=オランダ)が、左サイドバックでプレーする場面もあった。
しかし、いずれも<帯に短しタスキに長し>の状態。
(https://news.goo.ne.jp/article/nikkangendai/sports/nikkangendai-697728.htmlより引用)

関連記事