“ビースト”林先制弾、“主将”板倉2発 U24日本がアルゼンチンに3ゴール快勝 2021-03-29


図 この記事のタイプ傾向 (「親善」「痛快」「快勝」)

(https://news.goo.ne.jp/article/dailysports/sports/20210329180.htmlより引用)
 「U−24国際親善試合、日本3−0アルゼンチン」(29日、ミクニワールドスタジアム北九州) 第1戦(26日・味スタ)に0−1で敗れた日本が3ゴールで快勝した。
前半45分に追加招集のFW林大地(鳥栖)が先制ゴール。
後半にはMF久保建英(ヘタフェ)の左CKからDF板倉滉(フローニンゲン)のヘッドという同じパターンで23分と28分に2ゴールを重ねた。
 日本は板倉、久保以外の9人を第1戦から変更。
ゲーム主将は板倉が務め、前戦の雪辱に向かった。
 待望のゴールが生まれたのは前半45分。
DF瀬古歩夢(C大阪)の自陣からの正確なロングフィードに1トップの林が反応。
トラップでマークするDFペレスを振り切ると、GKとの1対1を右足で決めた。
“ビースト”の愛称を持つ点取り屋がゴールで生き残りをアピールした。
 後半には初戦から続けて先発起用された2人が信頼に応えた。
久保が左足で蹴る左CK。
相手ゴールから離れる軌道のボールへ思い切り良く飛び込んでくる板倉がヘッドで連発。
痛快な3ゴールで南米王者を撃破した。
(https://news.goo.ne.jp/article/dailysports/sports/20210329180.htmlより引用)

関連記事