巨人・原監督が球団単独トップの1067勝目!愛弟子坂本の祝砲が決勝弾! 2020-09-11


図 この記事のタイプ傾向 ()

(https://news.goo.ne.jp/article/dailysports/sports/20200911131.htmlより引用)
 「巨人2−1ヤクルト」(11日、東京ドーム) 巨人が逆転勝ち。
原辰徳監督は川上哲治氏を超え、球団単独トップとなる監督通算1067勝目を飾った。
 監督にメモリアル勝利をささげたのは、愛弟子の坂本勇。
同点の八回、1死。
清水が投じた初球148キロを右翼席へ15号ソロ運んだ。
この一発が決勝弾となった。
 1066勝の球団タイをマークした9日の中日戦でも1試合3発を放った坂本が、またもメモリアル勝利がかかった試合で存在感を示した。
 先発戸郷は初回に山田哲に先制ソロを被弾。
だが、持ち前の修正能力を発揮し、二回以降は粘り強くスコアボードに0を重ねた。
 打線は相手先発スアレスに苦戦したが、五回に吉川尚の適時二塁打で同点。
終盤勝負に持ち込んだ。
(https://news.goo.ne.jp/article/dailysports/sports/20200911131.htmlより引用)

関連記事