パ首位の楽天が今季初の連敗 岸は7回途中4失点で今季初黒星 2022-05-12


図 この記事のタイプ傾向 (「好機」)

(https://news.goo.ne.jp/article/sponichi/sports/npb/sponichi-spngoo-20220512-0280.htmlより引用)
 ◇パ・リーグ 楽天2ー5ロッテ(2022年5月12日 楽天生命) 楽天は12日、本拠の楽天生命パークでロッテと対戦し、2─5で敗れ、今季初めてとなる2連敗となった。
開幕から3連勝中だった先発の岸孝之投手(37)が6回1/3を8安打4失点で今季初黒星となった。
 岸は2回1死一塁から、岡に1ストライクからの2球目、高めに浮いた直球を左中間席へ2ランされ先制される。
4回にもマーティンに左翼線への適時二塁打された。
7回には1死三塁から高部の打球を二塁へのゴロに打ち取ったが、三塁走者のエチェバリアの本塁生還が早く4点目を失い降板した。
 打線は3点を追う5回に無死一塁から山崎が左中間適時三塁打、さらに美馬の暴投で得点して1点差に迫った。
しかし、6回1死二、三塁の一打逆転の好機に黒川が二ゴロ、辰己が中飛に倒れて無得点に終わり、7回以降の反撃はならなかった。
(https://news.goo.ne.jp/article/sponichi/sports/npb/sponichi-spngoo-20220512-0280.htmlより引用)

関連記事