トランプ氏弾劾決議案提出 議会襲撃で「反乱扇動」 2021-01-12


図 この記事のタイプ傾向 (「期待」)

(https://news.goo.ne.jp/article/kyodo_nor/world/kyodo_nor-2021011201001133.htmlより引用)
 【ワシントン共同】米下院民主党は11日、トランプ大統領が支持者らによる連邦議会議事堂襲撃をあおり立てる「反乱の扇動」を働いたとして罷免を求める弾劾訴追決議(起訴状に相当)案を下院に提出した。
13日に審議される。
可決されれば2019年のウクライナ疑惑に伴う決議に続き、米史上初めて2回にわたり弾劾訴追される大統領となる。
 罷免には上院本会議での弾劾裁判で出席議員3分の2の賛成が必要。
弾劾裁判は、トランプ氏の任期が切れる20日以降になるとみられている。
 バイデン次期大統領は11日、議会襲撃に関し「関与した人物の責任追及が重要だ」と述べ真相解明に期待を示した。
(https://news.goo.ne.jp/article/kyodo_nor/world/kyodo_nor-2021011201001133.htmlより引用)

関連記事