3府県の宣言要請に首相「緊迫した状況、必要ならすぐ対応へ準備」 2021-01-10


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」「緊迫」)

 菅首相は10日のNHKの番組で、大阪、京都、兵庫の3府県が新型コロナウイルスの感染拡大を受けて緊急事態宣言の発令を求めていることに関し、「私自身も緊迫した状況と承知している。
必要であればすぐに対応できる準備はしている」と述べた。
 一方で、専門家の助言を踏まえ、数日間の感染状況を見て判断する必要があるとの認識を示した。
東京など1都3県への宣言発令が遅れたとの指摘があることについては、「謙虚に受け止めることは受け止めながら、やるべき事はしっかりやっていきたい」と語った。
(https://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/politics/20210110-567-OYT1T50109.htmlより引用)

関連記事