厚労省官僚「銀座で0時頃まで23人宴会」の唖然 時短要請の21時を過ぎても帰らず、店に残り 2021-03-29


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」「懸念」)

(https://news.goo.ne.jp/article/toyokeizai/business/toyokeizai-419884.htmlより引用)
二度目の緊急事態宣言が1都3県でようやく解除されてから、わずか3日後の3月24日。
東京で最大級の繁華街、銀座では飲食店に対する営業時間の短縮要請が継続していたこともあり、夜になると人影はまばらだった。
しかし、ある居酒屋は違った。
1グループ23人もの参加者が集い、深夜まで盛大な宴会が催されていたからだ。
この大宴会の参加者が、よりにもよって新型コロナウイルス対策を担う厚生労働省に属する官僚たちだったと聞けば、一般の人たちはどんな感想を抱くだろうか。
「大人数での飲食自粛」は政府や自治体のメッセージ政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は参院内閣委員会や記者会見など公の場で、再三再四にわたって「会食はなるべく5人以下にしてほしい」と訴えてきた。
新型コロナウイルスの感染再拡大が懸念される中、大人数での飲食自粛は政府や自治体のメッセージだ。
緊急事態宣言下で「夜の銀座」へクラブ通いをして自民党や公明党の議員が離党や辞職に追い込まれたのは記憶に新しい。
むろん3月24日時点では緊急事態宣言は解除されていた。
宴会の一部始終を再現してみよう。
19時10分、人影もまばらな店内に、厚労省老健局の職員6人が訪れた。
席に通されるやいなや、マスクを外して談笑が始まる。
「今からまだまだ来るから」と言い、参加者が集まるのを待っていた。
この日は国会開催中だったため残業もあったのだろう。
集合は三々五々、ぽつりぽつりと職員が店を訪れる。
19時50分を回り、10人が集まったところで幹事の職員が「では乾杯しましょう」と発声。
グラスを重ね、拍手が起きた。
(https://news.goo.ne.jp/article/toyokeizai/business/toyokeizai-419884.htmlより引用)

関連記事