小倉優子の早大受験“新キャラ”獲得はメリットだらけ 落ちても高まるタレント価値 2022-05-09


図 この記事のタイプ傾向 (「見事」)

(https://news.goo.ne.jp/article/postseven/entertainment/postseven-1752578.htmlより引用)
 来春の早稲田大学教育学部進学を目指して受験勉強に取り組み、その様子がTBS系バラエティ番組『100%!アピールちゃん』で密着されている小倉優子(38才)。
3児の母として子育て中でもある小倉は、ブログやインスタグラムで子供たちとの日常や手料理を公開しており、忙しい日々の中で勉強に勤しんでいる姿が垣間見られる。
 かつては“こりん星”からやってきた“りんごももか姫”という設定の“不思議ちゃんキャラ”だった小倉だが、ここ数年は“ママタレント”として支持されるようになっている。
「“ママタレント”にとって、ブログやSNSは自分の存在をアピールするための重要なツール。
そこで一生懸命子育てに取り組んでいる姿を見せれば、世の母親たちの共感を得ることとなり、芸能活動に大きなプラスになっていきます。
 ただ、ママタレントのSNSなどをチェックしているのは、実際に子育てに奮闘している女性が多く、表面だけのアピールだとすぐに嘘がバレてしまい、逆に叩かれることも多い。
そういったシビアな目が向けられている中で、小倉さんは確実に支持を得ています。
さらにインスタのフォロワーはここ最近で3万人も増えているし、今後もどんどん増えていきそう。
ママタレントとしては“完璧”だと言えるかもしれませんね」(ネットメディア関係者) 2011年にヘアメイクアーティストの男性と結婚し、2人の子供が誕生するも、2017年に元夫の不倫が原因となり離婚。
2018年には歯科医の男性と再婚し、2020年に第3子を出産。
しかし、第3子妊娠中に夫と別居状態となった。
エンタメ事情に詳しいライターの大塚ナギサ氏はこう話す。
「夫婦関係にまつわる報道は、少なからずダメージもあったと思います。
でも、早稲田大学受験挑戦を始めたことで、また注目度が高まるとともに、忙しい中で育児と仕事と受験勉強に取り組む姿が、新たな支持を生んでいる。
“ママタレント”としてのイメージダウンを見事に回避したといえるかもしれませんね」 小倉の長男は有名難関小学校に進学。
子供のお受験でもしっかりと結果を残している。
「お受験は家族で取り組むものですが、それでもやはり幼い子供にとっては大きな負担になります。
そういったなかで、今度は小倉さん本人が大学受験にチャレンジするのは、子供たちに勉強する姿勢を見せることにもなりますし、子供たちと一緒に大きな壁を超えていくことで得られるものも多いはず。
そういった姿勢が、さらに同世代の母親たちの共感を呼び込んでいくのだと思います」(前出・ネットメディア関係者)他の番組からのオファーも増える?『100%!アピールちゃん』での密着は、約1年間の長期企画。
これから受験本番までの約9か月間は、小倉の動向がつねに報じられることとなるだろう。
「タレントの価値を計る指標として、ネットニュースになりやすいかどうかというものがあります。
小倉さんの場合、ママタレとしてSNSでの動向が注目されているだけでなく、“受験キャラ”のイメージが乗っかったことで、さらにネットニュースになりやすくなった。
小倉さんを起用すればネットニュースになっていい宣伝になるということで、他の番組からのオファーも増えるのではないでしょうか」(大塚氏) また、もしも早稲田大学に合格できなかったとしても、今回のチャレンジがその後の芸能活動にメリットをもたらす可能性も高い。
「知的で真面目なイメージが定着することのメリットはとても大きいですね。
仮に合格できずに番組企画が終わっても、再度受験にチャレンジして、SNSで発信していけば、“受験キャラ”として支持を増やしていくことも可能です。
また、昨今は社会人が大学に入学して学び直すケースも増えており、小倉さんのような“社会人になってからの受験経験者”に対する需要も高まっていくでしょう。
受験を目指す人々に向かって、いろいろな情報を発信していくこともできますし、間違いなく仕事の幅は広がると思います」(前出・ネットメディア関係者) 合否に関係なく、小倉のタレント価値は確実に高まっていくはず。
育児と仕事と受験勉強を同時にこなすことは本当に大変だが、そのリターンは想像以上に大きいものとなりそうだ。
(https://news.goo.ne.jp/article/postseven/entertainment/postseven-1752578.htmlより引用)

関連記事