国民、玉木氏「衆院選先頭立つ」 結党後初の党大会で決意 2021-04-02


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」)

(https://news.goo.ne.jp/article/kyodo_nor/politics/kyodo_nor-2021040201002471.htmlより引用)
 国民民主党は2日、昨年9月の結党後初となる定期党大会を東京都内で開いた。
玉木雄一郎代表は、次期衆院選に関し「候補者全員の当選を勝ち取るため、先頭に立って全力で取り組む覚悟だ」と決意を示した。
2021年度活動方針案を諮る。
新型コロナウイルス感染防止のため、連合の神津里季生会長や地方議員らはオンラインで出席。
参加者は国会議員らに絞った。
 玉木氏はあいさつで25都道府県にとどまる県連組織を47都道府県に広げる意向を明らかにした。
 活動方針案は、次期衆院選に関し「野党候補をできる限り一本化する」と明記。
女性候補者比率35%達成へ取り組みを進めるとした。
(https://news.goo.ne.jp/article/kyodo_nor/politics/kyodo_nor-2021040201002471.htmlより引用)

関連記事