高校5年生だった黒木ひかり 3度目留年で「高校6年生」になっていた 2021-04-06


図 この記事のタイプ傾向 (「危惧」「笑い」)

(https://news.goo.ne.jp/article/dailysports/entertainment/20210406036.htmlより引用)
 タレントの黒木ひかり(20)が5日深夜にテレビ朝日系で放送された「しくじり先生 俺みたいになるな!」に生徒役で出演。
高校を2度留年していたが、ついに「高校6年生」となったことを明かした。
 番組では、遅咲きブレークのお笑いコンビ・錦鯉が先生役として登場。
自信喪失していた若い頃の話をしている最中、渡辺隆から「黒木さんは自信喪失したこととかは…」と質問された。
 これに黒木は「(高校)3年生、卒業できなかった時に『無理だな』って思った」と打ち明けた。
すぐさまオードリー若林正恭から「黒木、今、何年目?」と質問が飛ぶと「6年目です」と即答。
平成ノブシコブシの吉村崇からは「雑誌の表紙も卒業前提で撮ってなかった?」の声が上がると、黒木は「おととしかな?写真集も出した」と卒業前提の写真集まで出していたと告白。
 すぐさま渡辺は「おととし卒業で、卒業してない。
それは詐欺ですからね」としっかりツッコんでいた。
 黒木は昨年12月に日本テレビ系「踊る!さんま御殿!!」で現在高校5年生であることを告白。
「このままだと3回目がきちゃう」と危惧していたが、どうやら3度目の留年となってしまったようだ。
「−さんま御殿!!」では留年理由について出席日数、試験の成績「どっちもです」と語っていた。
(https://news.goo.ne.jp/article/dailysports/entertainment/20210406036.htmlより引用)

関連記事