新型コロナ感染者情報流出 福岡知事が謝罪 2021-01-09


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」「人情」)

(https://news.goo.ne.jp/article/nishinippon/region/nishinippon-1000680185.htmlより引用)
 福岡県内の新型コロナウイルス感染者約9500人分の個人情報がインターネット上で閲覧できる状態になっていた問題で、小川洋知事は8日、県民に対して「心からおわび申し上げます。
再発防止を検討したい」と謝罪した。
現時点では閲覧権限を付与されたメールを誤送信した男性以外への流出は確認されていないという。
 情報は感染者の名前、居住する市町村、症状など。
入院調整を行う県の調整本部や医療機関の関係者がインターネット上のシステムを使い共有。
今月6日に県外の男性に対してアクセスが可能になるメールが昨年11月末に誤送信されていたことが明らかになった。
(https://news.goo.ne.jp/article/nishinippon/region/nishinippon-1000680185.htmlより引用)

関連記事