親クルド政治家を拘束=トルコ当局、「テロ扇動」で 2021-04-03


図 この記事のタイプ傾向 (「厳しい」「決定」)

 【イスタンブール時事】トルコ治安当局は2日、少数民族クルド系野党、国民民主主義党(HDP)の有力政治家オメル・ゲルゲルリオール氏の身柄を拘束した。
親族やHDPが明らかにした。
「テロ扇動」が理由。
ゲルゲルリオール氏は人権活動家としても知られ、トルコの人権問題で厳しい姿勢を取る欧米諸国との関係悪化につながる可能性がある。
 ゲルゲルリオール氏はこれより先、政府がテロ組織と見なす反政府武装組織、クルド労働者党(PKK)の宣伝をツイッター上で行った罪に問われ、裁判で禁錮2年6月の判決が確定。
国会は3月17日、ゲルゲルリオール氏の議員資格を剥奪する決定を下していた。
(https://news.goo.ne.jp/article/jiji/world/jiji-210403X522.htmlより引用)

関連記事