「いじめとしか」「脅迫だ」店名公表に罰則…飲食店悲鳴 2021-01-07


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」「苦渋」「嘆き」「不満」「協力」)

(https://news.goo.ne.jp/article/asahi/nation/ASP1673J8P16PTIL00P.htmlより引用)
 新型コロナウイルスの感染者数が最多を更新するなか、政府がコロナ対策の矛先を飲食店に向けている。
営業時間の短縮を要請し、応じない店の名の公表や、罰則の導入も検討される。
「我々は悪者なのか」「補償が先だ」。
店主らからは不満と嘆きの声が漏れる。
 「見せしめ、いじめとしか思えない」。
大阪の繁華街・ミナミにある居酒屋の店長の男性(34)は、店名公表が検討されていることへの不満を訴える。
 脂が乗った旬の鮮魚が売りの店は、100席近い広さ。
以前は午後11時まで営業し、深夜客も多かった。
時短要請に応じてきたが、昨年12月は客が数組の日もあった。
12月半ばから、大阪市が閉店を要請している午後9時以降も、店を開けることにした。
店を守るための苦渋の決断。
だが、匿名の嫌がらせ電話が相次いだ。
 伊勢エビが丸ごと1匹入ったおせち料理、ウナギの恵方巻き……。
持ち帰りメニューに知恵を絞り、感染予防策も万全を期したつもりだ。
そんな中で政府は、店名公表に続き、緊急事態宣言下での罰則までも本格的な検討を始めた。
男性は「ここまで悪者扱いされなければならないのか。
みんな要請に従いたい気持ちはある。
そのための補償の仕組みづくりが先ではないか」と訴える。
 巨大な動くカニの看板で知られる「かに道楽」。
大阪・道頓堀本店など市内8店舗が、今回の時短要請を受け入れた。
客席は平均200〜300席。
12月の売り上げは例年から3〜4割減。
コース料理には2時間程度かかるため、時短の影響は大きいという。
しかし、協力金は店の規模によらず一律だ。
広報担当者は「大きな店だと不利になってしまう。
早く終わってほしいと祈りながら、耐えしのぐしかない」と言う。
(https://news.goo.ne.jp/article/asahi/nation/ASP1673J8P16PTIL00P.htmlより引用)

関連記事