愛知、岐阜両知事が緊急宣言要請 西村担当相「専門家交え判断」 2021-01-12


図 この記事のタイプ傾向 ()

(https://news.goo.ne.jp/article/kyodo_nor/politics/kyodo_nor-2021011201001931.htmlより引用)
 愛知県の大村秀章、岐阜県の古田肇両知事は12日、西村康稔経済再生担当相とテレビ会議を開き、両県を対象に緊急事態宣言を再発令するよう要請した。
西村氏は「政府としての対応は専門家を交えて早急に判断する」と応じた。
古田氏が記者団に明らかにした。
 愛知、岐阜両県では年明け以降、感染が急速に拡大している。
生活圏、経済圏が重なる両県を同時に緊急宣言の対象とすることで、感染拡大に歯止めをかけたい考えだ。
 テレビ会議では、大村、古田両氏から感染拡大し医療体制が逼迫している現状を伝えた。
三重県の鈴木英敬知事も参加した。
(https://news.goo.ne.jp/article/kyodo_nor/politics/kyodo_nor-2021011201001931.htmlより引用)

関連記事