トランプ氏の妨害を非難=米財界170社、公式集計前に 2021-01-05


図 この記事のタイプ傾向 (「発表」)

 【ワシントン時事】米連邦議会で6日に行われる大統領選の公式集計を前に、財界約170社の経営者らが4日、声明を発表し、バイデン次期大統領への円滑な政権移行を促した。
公式集計で結果を覆そうとするトランプ大統領の試みを「民主主義の基本原則に反する」と非難した。
 金融大手ゴールドマン・サックスのソロモン最高経営責任者(CEO)や製薬大手ファイザーのブーラCEOらが署名。
「大統領選は既に決着しており、国を前に進める時だ」と訴えた。
(https://news.goo.ne.jp/article/jiji/world/jiji-210105X922.htmlより引用)

関連記事