今日7日(木)の天気 爆弾低気圧通過で冬の嵐 広範囲で大雪や暴風に警戒 2021-01-07


図 この記事のタイプ傾向 (「注意」「寒気」「発表」)

(https://news.goo.ne.jp/article/weathernews/nation/weathernews-http_weathernews.jp_s_topics_202101_070005_.htmlより引用)
2021/01/0705:25ウェザーニュース■天気のポイント■・北日本や北陸は猛吹雪のおそれ・西日本は市街地でも積雪注意・関東など太平洋側も沿岸部は暴風今日7日(木)は低気圧が日本海で急速に発達し、いわゆる爆弾低気圧となる見込みです。
全国的に強い風が吹き荒れ、北日本や北陸、西日本の日本海側では大雪や吹雪のおそれがあります。
すでに暴風雪警報や暴風警報などが発表されていますが、明日8日(金)にかけて冬の嵐が続くので、厳重な警戒が必要です。
北日本や北陸は猛吹雪のおそれ低気圧が急発達しながら近づくため、北日本から北陸にかけては雪と風が強まり、猛吹雪となります。
低気圧の接近時は着雪しやすい湿った雪となる見込みです。
着雪に加えて暴風が吹き荒れることで送電施設が影響を受けて停電が発生したり、吹き溜まりができて移動が困難になるなど、生活に支障が出るおそれがあります。
雪や風がピークを迎える前に、備蓄などの準備を済ませてください。
西日本は市街地でも積雪注意低気圧が東に進むとともに、西日本の上空には年末年始の時よりも強い寒気が流れ込みます。
そのため、九州や四国を含む広い範囲で雪が降り、福岡や広島などの市街地も雪が積もる見込みです。
冬用タイヤや滑り止めがないと通行できない道路が増える可能性があります。
山陰の沿岸部などは風が強く、吹雪による視界悪化にも警戒が必要です。
関東など太平洋側も沿岸部は暴風に関東や西日本の太平洋側など晴れるところでも風が強く吹きます。
沿岸部では瞬間的に30m/s近い暴風となり、鉄道など交通機関の運行に影響が出たり、飛来物などによる影響の出る可能性があります。
昼間の気温は関東で10℃を超えるものの、風が強いため、それほど日差しの暖かさは感じられないかもしれません。
(https://news.goo.ne.jp/article/weathernews/nation/weathernews-http_weathernews.jp_s_topics_202101_070005_.htmlより引用)

関連記事