神戸市、成人式の延期を発表 市長の「中止」投稿から一転 2021-01-08


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」「発表」「決定」)

(https://news.goo.ne.jp/article/kobe/nation/kobe-20210108018.htmlより引用)
 神戸市は8日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ノエビアスタジアム神戸(同市兵庫区)で11日に予定していた成人式を延期すると発表した。
久元喜造市長が8日朝、「兵庫県が緊急事態宣言を要請した場合は成人式を中止します」とツイッターに投稿していたが、「直前すぎる」「中止はあんまりでは」などの批判が殺到し、夕方になって延期すると方針転換した。
延期日程や会場は未定。
 一方、10、11日に成人式を予定するほかの県内29市町は神戸新聞社の取材に対し、現在のところ予定通り開催すると回答した。
 久元市長の投稿には、新成人とみられるツイッターのユーザーらから「簡単に中止って言うな」「私たちからしたら一生に一度の成人式なんです」など、8日午後7時時点で400件近いコメントが殺到した。
 久元市長は同日夕、記者団の取材に応じ、「緊急事態宣言を要請するような状況で、9千人が集まる会は難しい。
『中止』は、11日には開催しないという意味で、新成人や関係者の方々にできるだけ早くお伝えしたかった」と釈明した。
成人式を中止した場合、11日にオンラインで市長らによるメッセージや、新成人代表8人による「はたちの誓い」などを配信する予定だったが、これも延期する。
 一方、伊丹市はプログラムを短縮して開催することを決定。
尼崎市では近隣自治体の動向を確認した上で、「新成人にとって一生に一度の行事だから」とした。
(https://news.goo.ne.jp/article/kobe/nation/kobe-20210108018.htmlより引用)

関連記事