東京都は「場合によっては宣言判断を」 立憲・枝野代表 2021-04-04


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」「躊躇」)

(https://news.goo.ne.jp/article/asahi/politics/ASP44651SP44UTFK009.htmlより引用)
 立憲民主党の枝野幸男代表は4日、岐阜市で記者会見し、新型コロナウイルスの感染が増加する東京都について、「少なくともまん延防止等重点措置を出す必要がある。
場合によっては、緊急事態宣言を判断してもいいかもしれない」との考えを示した。
 枝野氏は、菅義偉首相が同日のテレビ番組で重点措置の適用地域の追加について「必要であれば躊躇(ちゅうちょ)なく、と思っている」と発言したことに関連し、都の感染状況について「数日(状況を)見るという選択もあるのかもしれないが、今の感染状況、拡大状況は『まん延』と言っていい」と指摘。
「躊躇なくと言うなら、今日でも明日でも判断されるべきだ」と述べた。
 一方、自民党の二階俊博幹事長が同日放送のBS番組で、必要に応じて補正予算の編成を検討する考えを示したことについて、「明らかに政府・与党の判断が間違っていた。
我々の提案通り、2月の段階で(当初予算を)組み替えておくべきだったと二階さんもお認めになった。
国民にしっかりとおわびをするべきだ」と批判した。
(https://news.goo.ne.jp/article/asahi/politics/ASP44651SP44UTFK009.htmlより引用)

関連記事