研修医、「過剰な飲酒勧めた」同席者の顔蹴る…会食禁止中に17人で飲み会 2021-01-15


図 この記事のタイプ傾向 (「注意」「新型コロナウイルス」「立腹」「発表」)

 岡山大学は14日、飲み会に同席した参加者を蹴り負傷させたとして、大学病院の30歳代の男性研修医を停職20日の懲戒処分にしたと発表した。
 発表によると、男性研修医は昨年9月、岡山市北区の飲食店の店先で、別の病院で研修医として勤務する被害者の顔を蹴り、2週間のけがを負わせた。
当時は計17人で会食していたが、被害者が男性研修医の同僚に過剰な飲酒を勧めていると感じ、さらに、酔いつぶれた同僚を介抱せず店を出たことに立腹し、蹴ったという。
 同大学は記者会見で、「医師の立場にある者が、このような行為に及んだことは到底許されない」と謝罪。
その上で、「新型コロナウイルス感染拡大防止に取り組む中で、大人数の飲食自体が軽率だった」と話した。
当時、夜間の会食は禁止しており、参加者に対して口頭で厳重注意した。
(https://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20210115-567-OYT1T50095.htmlより引用)

関連記事