首相、19日ぶり通院 辞任表明後は初めて、持病治療か 2020-09-12


図 この記事のタイプ傾向 ()

(https://news.goo.ne.jp/article/kyodo_nor/politics/kyodo_nor-2020091201001157.htmlより引用)
 安倍晋三首相は12日午前、東京・信濃町の慶応大病院に入った。
前回の通院から19日ぶりで、8月28日の辞任表明後は初めて。
首相官邸は「持病(の潰瘍性大腸炎)の治療だ。
新しい病気ではない」と説明している。
 首相は持病の再発を受け8月17日と24日に2週続けて慶応大病院を訪れた。
辞任会見では「新しい薬の投与を行うこととした。
継続的な処方が必要で、予断は許さない」と説明していた。
 第1次内閣の2007年にも体調悪化のため辞任した。
安倍首相の後任となる新たな自民党総裁は14日に両院議員総会で選出され、16日には国会の首相指名選挙で新首相が決まる見通し。
(https://news.goo.ne.jp/article/kyodo_nor/politics/kyodo_nor-2020091201001157.htmlより引用)

関連記事