【独自】高2孫娘殺害、祖父は「きつく当たられて立腹」 2020-09-13


図 この記事のタイプ傾向 (「ショック」「殺害」「容疑者」「殺人」「発表」「疑い」「容疑」)

 福井市の自宅で高校2年の孫娘を殺害したとして、殺人容疑で逮捕された無職冨沢進容疑者(86)が、福井県警の調べに「孫にきつく当たられて腹が立った」などと話していることが捜査関係者への取材でわかった。
県警は12日、冨沢容疑者を福井地検に送検、動機を詳しく調べる。
 発表では、冨沢容疑者は9日夜、自宅で同居する冨沢友美さん(16)の上半身を刃物で刺して殺害した疑い。
司法解剖の結果、友美さんの死因は出血性ショックだった。
就寝中に襲われたとみられ、傷はほぼ体の前面に集中していた。
 捜査関係者によると、友美さんは福井市内の別の家で両親や妹と生活していたが、1〜2か月ほど前に冨沢容疑者宅に移り住み、2人暮らしを始めた。
7月下旬に冨沢容疑者と会ったという近所の男性は「『孫が両親とうまくいかず、こっちに来た』と話していた」と振り返った。
同居を喜んでいた様子だったという。
(https://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20200913-567-OYT1T50077.htmlより引用)

関連記事