メッツが菅野智之争奪戦から撤退 2021-01-05


図 この記事のタイプ傾向 ()

(https://news.goo.ne.jp/article/hochi/sports/hochi-20210105-OHT1T50022.htmlより引用)
 ポスティングシステムでメジャー移籍を目指す菅野智之投手(31)に対し、獲得の有力候補に挙げられていたメッツが争奪戦から撤退した、と4日(日本時間5日)、米各メディアが伝えた。
 ポスティングの交渉期限が1月7日米東部時間午後5時(日本時間8日午前7時)に迫っている菅野に対し、前日には巨人がオプトアウト(契約見直し)付きの4年契約をオファーした、と報じられる一方、大リーグのチームは、さらに高額な年俸をオファーしているとも伝えられていた。
 菅野には、当初7球団が興味を示していると言われていたが、年末にはブルージェイズ、ジャイアンツ、メッツに絞られた、と報じられた。
メッツの撤退によって2球団のつば競り合いになるのか、それともニューヨーク・ポスト紙が伝えるようにレッドソックスも入ってくるのか、巨人残留も含めて予断を許さない展開になってきた。
(https://news.goo.ne.jp/article/hochi/sports/hochi-20210105-OHT1T50022.htmlより引用)

関連記事