巨人が小林を抹消し捕手入れ替え 前日負傷の千賀も抹消 7日のプロ野球公示 2021-04-07


図 この記事のタイプ傾向 (「発表」)

(https://news.goo.ne.jp/article/baseballking/sports/baseballking-271827.htmlより引用)
◆今季初昇格の岸田、アピールなるか? 日本野球機構(NPB)は7日、一軍出場選手登録を公示した。
巨人は予告先発の畠世周に加えて、岸田行倫を「特例2021」の代替指名選手として昇格。
小林誠司が今季初めて一軍登録を抹消された。
 小林は開幕戦から計6試合に出場するも、いずれも守備固めでの途中起用で、打席に立ったのは開幕3戦目のDeNA戦で犠打を決めた一度だけ。
この日からファーム戦に合流していた。
 一方、昇格した岸田は開幕一軍を逃すも、ファームでは9試合に出場して打率.250をマーク。
8安打のうち4本が長打とパンチ力ある打撃で存在感を示していた。
昨季はムードメーカーの役回りが目立ったが、今季初の一軍昇格でアピールなるか。
 また、パ・リーグでは西武・井上広輝と日本ハム・北浦竜次の若手2投手と、前日に負傷降板したソフトバンクの千賀滉大が抹消された。
千賀について球団は「左足首の捻挫」と診断されたことを発表。
今後については、再度足部の専門医の再診を受けてからの判断となるようで、復帰時期などは未定とのこと。
 この日抹消された選手の再登録は「4月17日」以後となる。
(https://news.goo.ne.jp/article/baseballking/sports/baseballking-271827.htmlより引用)

関連記事