知的障がい者施設に入所する14歳少年が殺人未遂容疑 首を踏まれた入所男性が重体 2021-04-07


図 この記事のタイプ傾向 (「殺害」「発見」「殺人」「通報」「疑い」「容疑」)

 兵庫県神戸市の知的障がい者が入所する施設で、入所男性(25)の首を踏んで殺害しようとしたとして、同じ施設に入所する中学3年生の少年(14)が逮捕されました。
男性は意識不明の重体です。
 殺人未遂の疑いで逮捕されたのは神戸市北区にある知的障がい者が入所する施設で生活する中学3年生の14歳の少年です。
警察によりますと、少年は4月7日の午前11時前に同じ施設に入所する25歳の男性の首のあたりを足で踏みつけるなどして殺害しようとした疑いが持たれています。
 施設の職員が発見して通報しました。
男性は病院へ搬送されましたが意識不明の重体です。
 警察の調べに対して少年は「いらんことするので首を両足で踏みながら『死ねや』と言った」と容疑を認めているということです。
(https://news.goo.ne.jp/article/mbs_news/region/mbs_news-GE00037724.htmlより引用)

関連記事