「GoTo」来月から東京追加=コロナ分科会に提案―赤羽国交相 2020-09-11


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」「支援」「決定」「問題ない」)

 赤羽一嘉国土交通相は11日、観光支援事業「Go To トラベル」キャンペーンの対象に10月1日から東京都発着分を追加する方針を明らかにした。
11日の新型コロナウイルス感染症対策分科会に諮り、専門家の意見を聴いた上で最終決定する。
7月22日に東京都を除外して始まった同キャンペーンは、約2カ月遅れで全国そろって実施される。
 都が10日に開いた新型コロナに関するモニタリング会議で感染状況の評価を1段階引き下げたことを受け、東京を対象に加えても問題ないと判断した。
 赤羽氏は11日の閣議後記者会見で「同事業は全国を対象に実施するのが本来の姿だ」と東京追加の意義を強調した。
正式に決まれば、東京を目的地とする旅行や、東京都民による旅行も35%分の代金割引が受けられるようになる。
 一方、小池百合子都知事が要望した上乗せ支援については「全国統一のルールで実施しており、難しい」と否定した。
 国交省は旅先での買い物などに使える地域共通クーポンも10月1日から導入する予定。
東京追加によりクーポンも全ての地域で利用できるようになる。
(https://news.goo.ne.jp/article/jiji/politics/jiji-200911X894.htmlより引用)

関連記事