ヤマト、宅配便最多の21億個=コロナで巣ごもり需要―20年度 2021-04-06


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」「発表」)

 ヤマト運輸は6日、2020年度の宅配便取り扱い実績が前年度比16.5%増の20億9699万個となり、過去最多を更新したと発表した。
新型コロナウイルス流行による巣ごもり需要の高まりでインターネット通販の利用が伸び、実績を押し上げた。
 生活用品などのほか、書籍やゲーム、玩具といった巣ごもり消費関連の商品配送が増えた。
フリーマーケットアプリの利用増などを追い風に、ポストに入る小型サイズの「ネコポス」も取り扱いを大きく伸ばした。
(https://news.goo.ne.jp/article/jiji/business/jiji-210406X749.htmlより引用)

関連記事