堂島商取、株式会社移行=SBI主導で再建 2021-04-01


図 この記事のタイプ傾向 ()

 大阪堂島商品取引所は1日、会員組織から株式会社に移行した。
社長には同日、インターネット金融大手のSBIホールディングス顧問で前金融担当相の中塚一宏氏が就任。
系列の証券会社を含めれば3分の1超を出資するSBIが主導し、経営再建を目指す。
 2021年度は現在主力のコメ先物をはじめ農産物取引を拡充し、22年度以降は原油や金、金融などの先物を順次投入する方針。
これにより国際的な「総合取引所」に昇格させ、24年度の黒字転換を目指す。
(https://news.goo.ne.jp/article/jiji/business/jiji-210401X223.htmlより引用)

関連記事