食べちゃいたいくらい大好き、15歳差姉妹の日課“はむはむ”に300万再生「2人とも可愛すぎる」 2022-05-09


図 この記事のタイプ傾向 (「ありがと」「ありがとう」「怒り」「怒る」「感謝」「苦労」「幸せ」「好き」「大好き」「微笑」「メロメロ」「面倒」「良かった」「笑って」「発表」)

(https://news.goo.ne.jp/article/oricon/entertainment/oricon-2233840.htmlより引用)
 0歳の末妹ちゃんは、15歳のお姉ちゃんが大好き。
お姉ちゃんが学校から帰ってくると、いつしかほっぺをスリスリ、お顔をはむはむするのが日課に。
その様子をお母さんが公開すると、「可愛すぎる」「たまらない…」「両者優勝」などのコメントが寄せられ、約300万再生の反響があった。
実はこちらのお母さん、0歳から17歳までの異父兄弟姉妹を育てている。
「子ども達に助けられっぱなし」と語るお母さんに、愛溢れる大家族の日常を聞いた。
■なぜか次女が帰ってきた時だけ“猛獣”化する0歳末妹に、母姉兄も一同メロメロ…――お子さん達の兄弟姉妹構成を教えてください。
長女17歳、次女15歳、三女8歳、長男5歳、次男4歳、三男3歳、四男2歳、四女0歳の8人です。
――15歳の次女さん、0歳の四女さんの仲良しな様子に大きな反響がありましたが、この動画を撮影しようと思われたのはなぜですか。
末っ子の四女が生まれてから、上の子達は学校や幼稚園から帰宅してすぐに、四女の元へ行き、抱っこやらいい子いい子などが日課です。
その中でも、15歳の次女が帰宅する時間は、なぜかいつもミルクの時間で、私がミルクを作っている待ち時間に、ほっぺをつけてスリスリしたのがきっかけで、四女が次女のお顔を食べるようになったのですが、その姿がたまらなく可愛くて…(笑)。
長女や私もやってみたのですが、なぜか全くやってくれなくて、次女にだけやるのがまたまたたまらなく、こんな可愛い姿は残したいなぁと思って動画にしました。
たくさんの姉兄がいてくれるからか、四女はあまり手がかからない子で、それぞれが帰ってきて、ベッドを除くとニコニコと嬉しそうに笑ってくれるのですが、次女が帰って抱っこをすると、ちょーだいちょーだい!と言っているかのように、猛獣になります。
――お兄さんお姉さん達は、普段から末妹さんの面倒をよく見られていますか。
17歳の長女、15歳の次女は、まるで自分の子のように全てを完璧に面倒みてくれます。
小さなお母さんが、2人いるようです!小さなお姉ちゃんお兄ちゃん達も、小さいながらにオムツを持ってきてくれたり、泣いている時には、自らおしゃぶりやおもちゃを渡したりと、母は本当に楽をさせてもらっています。
■親子のような姉妹、仲間のような兄弟、末妹には…「プリンセスだから、俺が守る!」――兄弟姉妹の皆さんは、それぞれどのような関係性だと感じますか。
上2人のお姉ちゃんのことは、チビちゃん達も、親みたいに思ってると思います。
男の子4人は、みんな年子なので、仲間みたいな感じですかね。
男の子上3人は、幼稚園に通っているのですが、幼稚園でも常に3人で遊んでいると聞くと、兄弟よりも仲間なのかな?と思います。
姉兄喧嘩は、男の子4人は、いつもしています。
そのかわり、4人揃って仲良くイタズラも毎日してくれます。
――日頃から兄弟姉妹愛も感じますか。
姉兄愛は、色々な場面で感じさせてくれます。
幼稚園では面談に行くたびに、5歳の長男は「自分のことはすぐに終わらせて、弟のお教室に行き、お着替えのお手伝いをして、手を繋いで園庭に行き、自分のお友達のところに連れて行き遊んでますよ」と微笑ましいことを先生に言われます。
運動会、発表会の時に私は四女を妊娠中で、親子競技に出られなかったのですが、そんな時は、思春期の上の2人が、他はパパママだけなのに、ハチマキを巻いて、競技に出てくれたり、長男はまだ5歳なのに、0歳の末娘のことを「プリンセスだから、俺が守る!」と常に言ってくれたり…。
8歳の三女は、弟はたくさんいても妹は初めてなので、本当に可愛がってくれます。
弟たちが三女のおもちゃを触ると怒るのに、四女には貸してあげて、お口に入れてしまっても怒りもせず、優しく「あげるね」と言ってくれます。
■8人目の妊娠中に「母に何かあったら…」と話し合っていた長女・次女の決断に、母涙――8人の育児は日々色々あるかと思いますが、年の差兄弟姉妹で良かったこと、大変だと思うことがあれば教えてください。
私自身も11歳離れた弟、14歳離れた妹がいて、今でも可愛くて仕方がない特別な存在です。
弟、妹が小さかった頃の思い出も沢山あるので、自分も、年の差の子どもがほしいと思っていました。
まさか、8人の母になるとは、想像もしていませんでしたが…(笑)。
歳が離れているからではないかもしれませんが、常に赤ちゃんがいる生活の我が家なので、思春期のお姉ちゃん達も、家にいる時はみんながリビングに居てくれて、寝るのも、寝かしつけをしてくれてるまま、そこで寝てしまうお姉ちゃん達なので、みんな一緒の部屋で寝ていたり、家族が一つの空間にいて話をしたり、笑っていたりと、母親としてはとっても幸せです。
長女次女には、大変な思いをさせてしまっているなぁ…とは思います。
もっと遊びたいんだろうな…と思うことはいつもです。
上2人はパパが違うので、そういうことでも本当に苦労をかけてしまったのに、下の子達を可愛がってくれる2人には、なかなか言えませんが、感謝しています。
――最後に、お子さん達について、印象に残っているエピソードがあれば教えてください。
子ども達には、本当にありがとうの気持ちしかないですね。
8人目を妊娠した時に、お姉ちゃん達が話したことを後から聞いたのですが、8回の出産で何度か大変な時もあった為に、上2人は、8人目の出産で、私にもしも何かあった時にどうするかを話し合ったみたいで、その答えが、長女が「高校をやめてチビ達を育てる!」と言うこと…。
長女は本当に真面目で、塾にも行かず、苦労して志望校に合格して、大学に行く為に頑張っているにも関わらず、チビ達のためにやめると自ら言ってくれたと聞いた時には、私は何もしてあげてないのに、ダメダメな母親なのに…と涙しか出てこなかったです。
この8人の母になれたことが、本当に幸せです。
それと、私1人では絶対に8人の母は出来ないです…。
我が家には、いつも誰かが来てくれるんです。
妹や妹同然の妹のお友達が、癒されに行ってもいい?と来てくれたり、陣痛で病院となれば、チビ達を見てくれる人、病院に連れて行ってくれる人…と私の母、弟、妹、妹同然の妹の幼馴染が本当に我が家を助けてくれるので、この生活が出来ています。
子ども達に…支えてくれる家族に…本当に感謝しかないです。
(https://news.goo.ne.jp/article/oricon/entertainment/oricon-2233840.htmlより引用)

関連記事