宮城県内全域に時短要請拡大へ…知事「仙台市だけという次元ではない」 2021-04-02


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」「協力」「決定」)

(https://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20210402-567-OYT1T50179.htmlより引用)
 宮城県の村井嘉浩知事は2日、新型コロナウイルスの「まん延防止等重点措置」の対象地域となる仙台市だけでなく、県内全域に5日から営業時間の短縮要請を拡大する方針を市町村長会議で示し、了承された。
3日の県対策本部会議で正式決定する。
 仙台市内は全ての飲食店約1万店が対象で、3月25日から実施している時短要請より1時間早い午後8時以降の営業自粛を求める。
同市以外では、接待を伴う飲食店と、酒類を提供するカラオケ店を含む飲食店の計約9000店を対象に、営業時間を午後9時までとするよう要請する。
 期間は5月5日までで、時短要請に応じた店舗には協力金を支給する。
会議後、村井知事は「仙台市だけ重点的に対応すればうまくいくという次元ではなくなってきている」と危機感を示した。
(https://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20210402-567-OYT1T50179.htmlより引用)

関連記事