LINEに立ち入り検査=個人情報保護委「法順守の状況確認」 2021-03-31


図 この記事のタイプ傾向 (「人情」)

 個人情報保護委員会は31日、無料通信アプリ「LINE」の利用者情報が中国の関連企業で閲覧可能となっていた問題を受け、個人情報保護法に基づき、LINEと親会社のZホールディングスの2社への立ち入り検査を行った。
 個人情報保護委員会の福浦裕介事務局長は31日の衆院内閣委員会で、立ち入り検査の理由について「個人情報保護法の順守状況をより正確に判断するため、委託先での監督状況の実態やデータへのアクセス権限の管理などを確認する必要がある」と説明した。
(https://news.goo.ne.jp/article/jiji/politics/jiji-210331X079.htmlより引用)

関連記事