吉村洋文知事が〝中止〟聖火リレーの代替案を提示「人が集まらないけれども、聖火を持って、服を着てリレーで回れる」 2021-04-03


図 この記事のタイプ傾向 (「実現」)

(https://news.goo.ne.jp/article/chuspo/entertainment/chuspo-230015.htmlより引用)
 大阪府の吉村洋文知事(45)が3日、読売テレビの情報番組「ウェークアップ」と「あさパラS!」にはしごで出演し、大阪市内の実施が中止される東京五輪聖火リレーの代替案を示した。
 吉村知事は「あさパラS」に出演した際に「聖火ランナーの方が1年前から準備されている。
代替案を検討中で、実現させたい。
人が集まらないけれども、聖火を持って、服を着てリレーで回れる。
関係者や家族に入ってもらって。
公道で中止したランナーの方の思いをつなぐことができる」と構想を述べた。
 14日から大阪市内で走るはずだったランナー21人が公道以外の場所で、聖火を手に走ることができる環境が用意されるとみられる。
大阪府内では大阪市以外で聖火リレーを実施する。
(https://news.goo.ne.jp/article/chuspo/entertainment/chuspo-230015.htmlより引用)

関連記事