まん延防止措置を初適用 宮城、大阪、兵庫に1カ月 2021-04-01


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」「協力」)

(https://news.goo.ne.jp/article/kyodo_nor/politics/kyodo_nor-2021040101001774.htmlより引用)
 政府は1日、新型コロナウイルス感染症対策本部会合を首相官邸で開き、緊急事態宣言に準じた対策を可能とする「まん延防止等重点措置」について、感染が急拡大している宮城、大阪、兵庫3府県に全国で初めて適用することを決めた。
期間は5日から5月5日までの1カ月間とする。
営業時間短縮要請に応じた事業者への協力金は、事業規模に応じた内容に変更する方向だ。
 仙台市、大阪市、兵庫県の神戸市、尼崎市、西宮市、芦屋市の計6市が対象に指定される予定だ。
6市には飲食店の営業時間を午後8時までに短縮するよう要請する。
3府県のイベント入場上限を5千人とし、対策を強化する。
(https://news.goo.ne.jp/article/kyodo_nor/politics/kyodo_nor-2021040101001774.htmlより引用)

関連記事