小室哲哉&KEIKOだけじゃない、芸能史に残る「師弟愛カップル」ドロドロ愛憎劇 2021-03-29


図 この記事のタイプ傾向 (「苦笑」「熱愛」「恋愛」)

'02年に結婚した小室哲哉とKEIKO。
約3年に及ぶ離婚闘争を経て'21年2月に離婚が成立 約3年に及ぶ離婚闘争を経て、音楽プロデューサーの小室哲哉と「globe」のKEIKOの夫婦関係に終止符が打たれた。
 小室とKEIKOが結婚したのは、'02年11月。
彼にとっては3度目の結婚であり、KEIKOと再婚する8か月前に、2度目の結婚相手である元「dos」のメンバー・ASAMIと離婚が成立していた。
芸能史で際立つプロデューサー×歌姫カップル 離婚前からKEIKOと付き合っていたとも言われるが、彼女らに共通するのは、小室がプロデュースした歌姫という点。
結婚こそしなかったが、'95年には、やはり自身がプロデュースした華原朋美との熱愛が発覚している。
「小室さんは、KEIKOさんのくも膜下出血の後遺症の介護中に看護師との不倫疑惑を報じられました。
このことが泥沼の離婚闘争の始まりでした」 と、ある芸能記者は語る。
芸能史を振り返ると、小室&KEIKOのように師弟関係の末にゴールインしたカップルは珍しくないのだ。
彼らの結婚生活は泥沼化したが、仲睦まじく暮らしているカップルもいる。
 とりわけ、プロデューサー×歌姫の師弟カップルが際立つ。
エイベックスの松浦勝人会長との過去の恋愛をつづったと思われる暴露本『M愛すべき人がいて』が話題を呼んだ浜崎あゆみ、「MyLittleLover」のakkoと、同バンドのメンバーで、「Mr.Children」などをプロデュースしたことでも知られる小林武史は、代表例だろう。
「ドラマや映画でカップルを演じる際に、役者同士が擬似恋愛的な関係になることが多いように、プロデュース側とされる側にも似たような関係性が生まれるのでしょう」 と分析するのは、芸能に詳しいメディア評論家の宝泉薫氏。
たしかに、『M愛すべき人がいて』などを見ると、仕事仲間から恋愛対象へと“脱線”していく様子が克明に描かれている。
「公私混同をしてしまう人たちがいる一方で、自分が見つけてきたタレントの“原石”をデビューさせるという本来のパターンもある。
恋愛相手になることが前提というわけではないが、そういった関係になったとしても“だと思った”と妙に世間も納得するところがある。
師弟カップルは、世間に受け入れられやすいところがある」(宝泉氏) 師弟カップルといえば響きがいいが、見方を変えれば、歌手=商品に手を出したともとらえることができる。
「8年間にわたり小林武史さんは松下由樹さんと交際していたと報じられましたが、akkoとの浮気を機に破局。
それが発覚した'95年に、akkoは『MyLittleLover』のボーカルとしてデビュー、翌年には小林さんとデキ婚します。
“恋人をデビューさせたから『MyLittleLover』?”と、当時はツッコまれていました」 と、ある芸能記者は苦笑する。
'90年代にプロデューサーを師とするカップルが多いことについて、宝泉氏は「歌謡曲の成長期にも似たようなケースが見られる」と語る。
(https://news.goo.ne.jp/article/jprime/entertainment/jprime-20416.htmlより引用)

関連記事