福原愛が台湾億マンション売却でまたネガイメージ “本業回帰”が評判回復へ唯一残された道 2022-05-09


図 この記事のタイプ傾向 (「回復」)

(https://news.goo.ne.jp/article/nikkangendai/entertainment/nikkangendai-832515.htmlより引用)
 卓球の五輪メダリストの福原愛(33)が元夫で卓球台湾元代表の江宏傑(33)と暮らした億ションを売却していたことが報じられて話題だ。
台湾の複数メディアによると福原は昨年7月の離婚から3カ月後の10月に台湾・高雄市内に所有していた高級マンションを約1億7000万円で売却。
購入額は約2億円だったそうで3000万円以上の赤字になったという。
 福原は離婚のきっかけになった“里帰り不倫”の相手とは関係が順調なようで、2人で新規事業を始めるという噂もある。
それだけに、台湾での暮らしに早く区切りをつけたい気持ちが伝わってくる。
しかしながら、家族問題評論家の池内ひろ美氏がこう言う。
「一般的に離婚は、家財を手放す、子供を手放す、評判が悪くなるなどマイナス要素が伴います。
福原さんの場合は“国民的卓球少女”だっただけに、不倫報道で評判が大きく下がっています。
離婚や新恋人がプラスに働くのは話題性で注目を集めるタレントの場合で、松居劇場で話題になった松居一代さんや芸能界を引退した木下優樹菜さんら。
“卓球愛ちゃん”の愛称で親しまれた福原さんだけにお茶の間の感情は複雑でしょう。
評判を回復するには本業回帰で日本の卓球界に尽力、選手育成に関わること以外にないでしょう」 愛ちゃんを身内のような気持ちで応援している人は多いだけに、これ以上、ネガティブなニュースは耳にしたくないはずだ。
(https://news.goo.ne.jp/article/nikkangendai/entertainment/nikkangendai-832515.htmlより引用)

関連記事