ホンダ、「N-BOX」絶好調を手放しで喜べない事情 登録車販売は精彩欠き、軽比率がさらに上昇 2021-03-31


図 この記事のタイプ傾向 ()

(https://news.goo.ne.jp/article/toyokeizai/business/toyokeizai-420019.htmlより引用)
ホンダの軽自動車「N-BOX(エヌボックス)」の販売が好調だ。
2020年末に2代目のマイナーチェンジを施し、内外装などを一新。
全国軽自動車協会連合会によると、2021年1月は1.6万台、2月も1.8万台を販売し、軽で1位の座を守り続けている。
軽自動車では近年、N-BOXやダイハツ工業の「タント」、スズキの「スペーシア」といった車高の高い「スーパーハイトワゴン」に人気が集まっている。
軽の寸法規格ギリギリまで車内空間を広くとり、後部座席のドアが電動スライド式になっているのが特徴で、小さな子供のいる若い世帯のファミリーカーとしても支持を得た。
国内販売の軽依存が5割超す中でも特に人気が高いのがN-BOXだ。
2011年の年末に初代モデルが発売されるとたちまち大ヒットし、2017年の2代目登場で人気に拍車がかかった。
2020年の販売台数は19.5万台。
軽では6年連続、登録車を含めた新車販売でも4年連続で首位となり、日本でいちばん売れている車だ。
N-BOXの高い人気は商品性にある。
軽としては内装に高級感があるうえ、スーパーハイトの中でも後部座席の空間が特に広い。
また、自動ブレーキをはじめ、ペダル踏み間違いによる急発進・加速のストップ機能など最新の安全装備を標準搭載。
カスタムやオプションの選択肢が多い点も大きな魅力だ。
2020年の販売実績で見ると、N-BOX1車種だけでホンダの国内新車販売の約3割にも及び、「N-WGN」などほかの車種も加えた軽の販売構成比は前年の50%から52%に上昇した。
マイナーチェンジ後の新型N-BOXも売れ行きは好調で、2021年1〜2月の月次では軽比率がさらに高まっている。
ただし、N-BOX人気を喜んでばかりもいられない。
1つは収益性の問題だ。
N-BOXは最低車両価格が142.9万円からと軽の中では高めだが、それでもサイズの大きな登録車に比べれば値段が安い。
ホンダによると、軽の1台当たりの貢献利益(販売収益から材料費を引いた利益)は登録車を含む全カテゴリー平均に比べて半分程度だという。
しかも、軽自体が日本の独自車両規格なので、それに投じた研究開発費は国内の販売で回収するしかない。
(https://news.goo.ne.jp/article/toyokeizai/business/toyokeizai-420019.htmlより引用)

関連記事