天理大 初のラグビー大学日本一!8トライ、決勝最多55点で連覇狙った早大圧倒 2021-01-11


図 この記事のタイプ傾向 (「快勝」)

(https://news.goo.ne.jp/article/sponichi/sports/sponichi-spngoo-20210111-0156.htmlより引用)
 ◇ラグビー全国大学選手権決勝 天理大55―28早大(2021年1月11日 東京・国立競技場) ラグビーの第57回全国大学選手権は11日、国立競技場で早大―天理大の決勝が行われ、天理大が8トライするなど全国大学選手権決勝最多の55点を奪って快勝し、悲願の初優勝を勝ち取った。
3度目進出の決勝でついにつかんだ大学日本一。
関西勢では第19回大会から21回大会まで3連覇した同大以来36大会ぶりの快挙となった。
早大は序盤からペースをつかめず連覇はならなかった。
 天理大は前半3分、巨漢LOアシペリ・モアラ(3年)のターンオーバーからチャンスをつかみ、ゴール前のラックから右に展開してCTB市川敬太(4年)が先制トライ。
SO松永拓朗(4年)のゴールも成功した。
10分には相手反則で敵陣深く攻め込み、FW陣が突進を繰り返し、最後はLOモアラが中央にトライ、ゴールも成功した。
7点差に迫られた24分には、SO松永がゴール正面のPGを成功、31分にはCTB市川が左隅にトライ。
さらにロスタイムにも市川が中央にトライし、22点リードで前半を折り返した。
 後半6分には相手ボールのスクラムを押し込み、インゴールにこぼれたボールをSH藤原忍(4年)を押さえトライ、ゴールも成功。
その後、失点したものの、19分にCTBシオサイア・フィフィタ(4年)の突進でゲインし、市川につないでゴール右にトライ、ゴールも成功した。
さらに24分に、LOモアラ、CTBフィフィタとつないでゴール左にトライ、33分にはFB江本洸志(3年)がゴール右にトライするなど着実に加点して快勝した。
(https://news.goo.ne.jp/article/sponichi/sports/sponichi-spngoo-20210111-0156.htmlより引用)

関連記事