亀田大毅がユーチューバーに転身 引退後7年間の無職、体重20キロ増の引きこもり生活を激白 2021-04-02


図 この記事のタイプ傾向 (「愛する」「諦め」「痛い」「感謝」「苦笑」「怖さ」「苦笑い」「真っ暗」「笑い」)

(https://news.goo.ne.jp/article/tokyosports/entertainment/tokyosports-2977980.htmlより引用)
 ボクシング界に大ブームを巻き起こした「亀田三兄弟」。
その次男にあたる元ボクシング世界2階級王者の亀田大毅(32)が、7年間の無職生活から人生をかけてユーチューバーに転身する! 2日、開設されたユーチューブチャンネル「OROCHI TV」の冠番組「熱狂ガテン録ダイキ」で、体を張ったさまざまな限界企画に挑む。
本紙は配信直前の大毅を直撃。
7年間の無職生活、引退の真相、今後にかける思いを聞いた。
 大毅は元WBA世界フライ級王者、元IBF世界スーパーフライ級王者と、世界2階級制覇王者ながら2015年11月、左目の網膜剥離のため電撃引退した。
 兄の亀田興毅(元WBA世界ライトフライ級王者、元WBC世界フライ級王者、元WBA世界バンタム級王者)と、弟の亀田和毅(元WBO世界バンタム級王者、元WBC世界スーパーバンタム級暫定王者)とともに「亀田三兄弟」と呼ばれ、ワイドショーで連日、動向が報じられるなど〝亀田ブーム〟を巻き起こした。
 そんな輝かしい経歴を持つ大毅だが、元世界王者にもかかわらず、引退後は〝無職状態〟。
妻子がいる身でありながら定職にも就かず「浪速乃弁慶」ならぬ「浪速のプータロー」となっていた。
 ユーチューブ番組はあらゆる手段でお金を稼ぎ、貯金1億円を目指す、実録〝お金もうけ〟のバラエティー・ドキュメンタリーだという。
愛する家族のために、大毅は人生をかけた戦いに挑む。
 現役時から愛用しているトレーニングウエア姿で取材に登場した大毅。
自身の現在の肩書について「浪速のプータローじゃないですか」と語る。
 これまで単発の仕事はあったが、空白ともいえる7年間を振り返り、「ボクシングはゼロからスタートして、頂点までいけた。
僕の場合、引退は突然だった。
突然、目が見えなくなって…先のビジョンも真っ暗になってしまった。
そこから今の今まで燃え尽きていた状態だった」と回顧。
「ほとんど家にいた。
何時まで寝てとか関係ないし。
今の今まで何にもやってないですよ。
ごはん食べて寝て。
太るし、一時期は20キロくらい増えてた」と苦笑いした。
現役時代に蓄えた貯蓄も減り続け、妻からもプレッシャーが…。
 大毅は「生まれて僕から『何かをやりたい』と言ったことがない。
今、32歳ですけど、1回も『これをやりたい』と言ったことがない。
ボクシングを含めて」と告白。
世界王者にもなった実力者だが、「あの家に生まれたら誰だってボクシングをしてる。
『なんちゅう家に生まれたんだ』『えらいとこに生まれたな』と思ってた。
今となっては感謝ですけどね。
あの家に生まれなければ、ずっと何にもしてなかったと思う」と笑った。
 メキシコで練習中、自身の絶頂期を感じていた時期に襲った左目の病。
日本に帰国後、1年間で4度の手術を経験し、現役続行を諦めた。
 ユーチューブ界での王者への決意を向けられても、大毅は「ゼロから…そこまで上り詰められるように…何でもやりますよ」と裸一貫を強調。
「僕にできないことにチャレンジしていきたい。
コラボしてくれるなら誰でもいい」とし、無職の姿を見られる怖さについては「怖さはない。
そういうところを見てもらわないと。
土俵際ですわ」と退路を断つ覚悟を明かした。
「番組で働こうと思うし、投資とかで失敗もするかもしれない。
でも、ボクシングでも負けて強くなったし、いっぱい痛い目に遭った。
ある程度の負けならいっぱいした方がいい。
バイト経験とかもないから。
まだ2人の子供は小さい。
成人まで育てるのは親としての責任ですから、親として働かないと」(大毅) 2日18時から配信された第1話にはすでにユーチューバーとなっている父・史郎氏、ボクシングジム「3150ファイトクラブ」会長の兄・興毅、そして、人気漫画「カイジ」作者の福本伸行が登場し、番組名「熱狂ガテン録ダイキ」を命名する。
(https://news.goo.ne.jp/article/tokyosports/entertainment/tokyosports-2977980.htmlより引用)

関連記事