ボルツワーゲンに社名変更→エイプリルフールのジョークと判明 2021-03-31


図 この記事のタイプ傾向 (「発表」)

(https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/business/mainichi-20210331k0000m020040000c.htmlより引用)
 フォルクスワーゲンからボルツワーゲンに社名を変更します――。
ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の米国法人がこんな報道発表をホームページに掲載して反響を巻き起こしたが、その後、4月1日の「エープリルフール」のジョークだったことが判明した。
 VW米国法人は29日、5月に米国での社名を「Volkswagen(フォルクスワーゲン)」から「ボルツワーゲン(Voltswagen)」に変更すると発表。
電圧の単位「ボルト」を社名に取り入れることで、走行中に温室効果ガスを排出しない電気自動車(EV)の開発・販売を推進する経営方針を鮮明にすると宣言した。
ただ、報道発表は一時的にしか公開されず、欧米企業の春の風物詩となっている「エープリルフールのジョーク」との観測も広がっていた。
 米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは30日、VW本社の広報担当者が「社名変更はエープリルフールのジョークだった」と明らかにしたと伝えた。
担当者は、米国で発売予定の新型EVを宣伝する戦略の一環で、「世間を誤解させるつもりはなかった」と釈明したという。
(https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/business/mainichi-20210331k0000m020040000c.htmlより引用)

関連記事