読売テレビ 50代管理職社員が感染 東京支社勤務 2020-09-11


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」「発表」)

(https://news.goo.ne.jp/article/dailysports/entertainment/20200911129.htmlより引用)
 読売テレビは11日、制作局の50代管理職社員1名が新型コロナウイルス検査で陽性と確認されたと発表した。
 東京支社勤務の当該社員は9月9日の勤務を終え帰宅後、夜に37・4度の発熱があり、10日も微熱が続いたため医療機関を受診、PCR検査を受けた。
微熱のみで症状はなく、自宅療養しているという。
 当該社員は発症前の2日間、東京支社などで業務を行っており、同局広報部は「濃厚接触者に関しては保健所の特定を待っている」と調査中であるとした。
収録現場に立ち会ったが、タレントとの濃厚接触にはあたらないとみられている。
濃厚接触に相当する社員は自主的にPCR検査を受けているという。
 同局では10日にも制作局の別の50代社員の陽性が確認されていた。
「今後も保健所と連絡を取りながら、社内及び社外への感染拡大防止と、業務にあたる社員・スタッフの安全確保を最優先に取り組んでまいります」とコメントしている。
(https://news.goo.ne.jp/article/dailysports/entertainment/20200911129.htmlより引用)

関連記事