K―1武尊V2戦 まさかの2度目の延期に 天心戦実現へ勝利義務付けられていた 2021-01-09


図 この記事のタイプ傾向 (「まさかの」「実現」「発表」)

(https://news.goo.ne.jp/article/tokyosports/sports/osports/tokyosports-2601690.htmlより引用)
 K―1実行委員会は9日、24日の東京・国立代々木競技場第一体育館大会「K―1 WORLD GP 2021 JAPAN〜K’FESTA.4〜」を協議の上、延期すると発表した。
 代替日程・会場は調整中。
チケット情報についても後日発表する。
延期の理由は公表されていないが、7日に1都3県に発令された緊急事態宣言が影響したとみられる。
 同大会ではスーパーフェザー級王者・武尊(29)が、レオナ・ペタス(28)を迎え撃つV2戦が予定されていた。
このタイトル戦はもともと昨年11月3日の福岡大会で組まれていたが、王者が同10月に左拳を負傷し今回にスライドされた。
その注目の大一番がまさかの2度目の延期となった。
 武尊は昨年大みそかの「RIZIN」さいたま大会に来場し、〝神童〟那須川天心(22)とのドリームマッチ実現への決意を語っていた。
 さらに、親交のある〝プロレスの天才〟武藤敬司(58)が、ノアのGHCヘビー級王座に挑戦(2月12日、日本武道館)すると決まったことについて「いい形でつなぎたいです。
次はチャンピオン同士として会いたい」と本紙に話していたばかり。
今後への影響も大きそうだ。
(https://news.goo.ne.jp/article/tokyosports/sports/osports/tokyosports-2601690.htmlより引用)

関連記事