【東京五輪】緊急事態宣言再発令で大ダメージ必至 期間延長なら聖火リレーに影響も 2021-01-07


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」「安心」「落ち着く」「厳しい」「発表」)

(https://news.goo.ne.jp/article/tokyosports/sports/tokyosports-2595906.htmlより引用)
 政府が7日、1都3県を対象に緊急事態宣言を再発令したことを受けて、今年7月に開幕する東京五輪もダメージを避けられそうにない。
 昨年3月に開催延期が正式に決まり、ほとんどの大会スケジュールは〝1年スライド〟することになった。
同年末には国内スポンサー全68社の契約延長が基本合意したことが発表されるなど、厳しい状況に変わりないものの、一歩ずつ前進していた。
しかし、現状は新型コロナウイルス感染拡大の第3波が猛威を振るっている。
 緊急事態宣言の期間は来月7日までの1か月だが、感染状況が落ち着くかは不透明。
仮に期間を延長することになれば、3月以降に予定されているテスト大会が実施できる保障はない。
さらに、同25日からスタートする聖火リレーについても〝密〟になる可能性が高く、課題は山積みだ。
 組織委は「本宣言によりコロナの感染状況が改善され、夏の大会が安全安心に開催されるよう準備を進める立場であり、社会の一員として必要な準備を進めてまいります」とコメントしたが、8日以降は業務方針が変更となるのは避けられないだろう。
実際に日本オリンピック委員会(JOC)の事務局は宣言期間中、在宅勤務で対応する。
 開会式まで200日を切ったスポーツの祭典は〝逆風〟が吹きまくっているが、どうなってしまうのか。
(https://news.goo.ne.jp/article/tokyosports/sports/tokyosports-2595906.htmlより引用)

関連記事